足脱毛を行う際の黒いブツブツや赤い炎症への対処法

 

足脱毛を行う際の黒いブツブツや赤い炎症への対処法

 

足脱毛を行う場合、処理後に黒いブツブツができることがあります。これは毛穴に皮脂が詰まって酸化した状態であり、再生してくるような方法で短期間に何度も処理を行うことで起こりやすくなります。繰り返し抜いていると毛穴が閉じる前に次の処理を行わなければなりませんので、ずっと開いたままになってしまいます。毛穴が長い間開いているとその状態で定着してしまい、閉じるための正常な働きが見られなくなります。これは自己処理で行う際に大きな問題になるのですが、一度開いてしまった毛穴を閉じるのは至難の業です。対処法としては、引き締め効果のある光脱毛を受けるのが有効です。光脱毛を行うと肌中のコラーゲンが増えて肌が引き締まります。キメが整って見た目にも美しくなるのですが、効果はそれだけではなく、肌のターンオーバーが順調になることで黒ずみなどのトラブルも改善されます。様々な肌トラブルを解消してくれる方法として非常に人気が高く、費用もリーゾナブルですのでメリットの多い方法です。

 

足脱毛を行う際の黒いブツブツや赤い炎症への対処法

 

足脱毛後に赤いポツポツが目立つ場合、その部分は軽い炎症を起こしています。ムダ毛を無理矢理引き抜いた後にいつまでも毛穴が閉じなくて雑菌が入り込んだために起こっています。酷くなると膿を伴うこともありますので、その前に適切な対処をしなければなりません。炎症が酷くて痛みがある場合には抗炎症作用を持つ軟膏で炎症を鎮めることを第一に考えます。炎症を起こしている時には普段では問題のないような刺激であっても大きな負担となって色素沈着やシミなどの跡に残ってしまいますので、炎症時にはできるだけ触れないようにします。炎症が治まったら保湿ケアを行って肌の回復を促すのが有効ですが、炎症の度合いが酷い時には保湿程度では治まらないこともあります。そんな時におすすめなのは黒いブツブツの解消にも役立つ光脱毛です。古い肌細胞を排出させる作用によって、赤みとなって現れている部分の細胞も排出を促すことができます。

 

 

足は比較的皮膚の強い部分ではありますが、処理後には意外とトラブルが多いパーツです。その理由は、摩擦や紫外線といった外的刺激を受けやすい場所であり、衛生的に保つのが大変な場所でもあるからです。ですから、皮膚が丈夫そうだからと足脱毛を自分で行うのは実はとても危険であり、一度肌トラブルが現れてしまうとその後の処理にも影響が出ます。そんな状況でも、光脱毛なら安心して受けられますし、改善が可能です。